トップページへ 施設概要 スケジュール ご利用案内 リンク
茶室 展覧会 時間・観覧料
美術館 体験講座 アクセス・貸室案内
 
 
スケジュール
 

■休館日   平成28年12月1日(木)〜12月2日(金) ※展示替えのため


企画展「吉祥文様の茶道具」(開催中)
12月3日(土)〜平成29年2月22日(水)

縁起のいい吉祥文様の茶道具を
その意味とともにご紹介します。


【展示品】

狩野探幽筆 三幅対 松竹梅(江戸時代初期)
伊藤若冲筆 双鶏図(江戸時代中期)
色絵備前水仙香合(江戸時代後期)
染付蝶形向付(中国・明時代)





福井市愛宕坂茶道美術館 福井市橘曙覧記念文学館 共同開催
平成28度 特別展

■(予告)THE ALFEE 坂崎幸之助 和ガラスコレクション展
 「和ガラスに抱かれて 〜日用雑器としてのガラスのはじまり〜」




開催/平成29年3月1日(水)〜6月4日(日)
   ※4月17日(月)、18日(火)展示替えのため休館
会場/福井市愛宕坂茶道美術館
     福井市橘曙覧記念文学館
    ※2館同時開催
   
開館時間/午前9時〜午後5時15分
      (入館はいずれも閉館の30分前まで)
共通観覧料/500円(中学生以下、70歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料)


■開催につきまして
優しく光を反射する、柔らかな風合いが魅力の「和ガラス」。このガラスが大衆に広まったのは西洋の近代ガラス製造技術が伝わった明治時代以降になります。コップや醤油差し、当時貴重品だったアイスクリームを盛り付けるアイスクリームカップなどのそれらは、現代のガラスと比べると、気泡が入っていたり、形に歪みがあったりと、完成度に未熟な点がたくさんあります。ですが、そこが大きな魅力の一つ。素朴でノスタルジックなガラスの器はコレクターを魅了してやみません。
このたび皆さんにご覧いただく和ガラスの持ち主は、人気ロックバンドTHE ALFEEの坂崎幸之助氏。長きに渡り、各地の骨董市や古美術店にて、自らの足で目で確かめ蒐集した膨大なコレクションは趣味の域を越え、20年以上前から全国の美術館、博物館で展示され人気を博しています。2017年、「坂崎幸之助 和ガラスコレクション」を福井で初公開することになりました。
本展では、期間中一部展示替えを行い、前期後期とおして約400アイテム、総数4000点あまりの貴重な和ガラスコレクションを十分に堪能していただける内容となっています。坂崎氏が一大ブームを巻き起こしたと云われる紫外線で妖しく光るウランガラスもご覧いただけます。魅惑の坂崎幸之助 和ガラスコレクションを、どうぞお楽しみください。
会期中は福井限定オリジナルグッズ、パンフレットの販売や様々な関連イベントも予定しております。なお詳細は随時ホームページにてお知らせして参ります。

主催/(公財)歴史のみえるまちづくり協会・福井市
協力/projectV 黒壁30號館 長浜アートセンター
企画制作/玩具博物館併設 出雲そば 日本一大名陣

福井市愛宕坂茶道美術館 Fukui City Atagozaka Tea Ceremony Museum
〒918ー8007 福井県福井市足羽1ー8ー5
TEL/FAX 0776-33-3933



 

 
体験講座
〈冬のイベント案内〉

◆大福茶ふるまい

新年あけましておめでとう!大福茶でお祝いしよう!
新しい年を健康で過ごせることを祈って、
大福茶(昆布と梅のおめでたいお茶)をふるまいます。

平成29年1月8日(日) 10時〜
先着50名様 無料 茶道館 ロビーにて

◆スイーツデコで和菓子をつくっちゃお!
樹脂粘土で本物そっくりの和菓子を作って季節の飾りを楽しみましょう。

平成29年1月8日(日)
@10:00〜11:00
A13:00〜14:00
B14:30〜15:30
定員は各回10名 参加費 1,000円
講師:近藤美佐子先生(スイーツデコリーナ認定講師)
茶道館 4階

◆しゃかしゃかお抹茶体験
茶道館ロビーにてお抹茶を自分で点てる体験をしています。
参加費は200円です。
美味しくできるかな??

いずれも問い合わせは 
0776−33−3933 まで
 
 
お問合わせ

〒918-8007 福井県福井市足羽 1-8-5
TEL/FAX 0776-33-3933
www.fukui-rekimachi.jp/atagozaka/
 
Copyright(C) 2007 Fukui City Atagozaka Tea Ceremony Museum All rights Reserved.