日下部太郎・ウィリアム・E・グリフィス

日下部太郎
  • くさかべたろう
  • 生没:弘化2年(1845)〜明治3年(1870)
  • 弘化2年(1845)、福井城下の江戸上町(現、福井市宝永4丁目)150石の藩士の家に生まれた。
    慶応3年(1867)23歳のとき、福井藩第1号の海外留学生となって米国に渡り、1年間の英語学習の後、ニューブランズウィック市のラトガース大学に入学した。勉強熱心な太郎は成績抜群で、多くの人々から賞賛されたが、学費の不足による苦しい生活と気候風土の違いにより、卒業を目前にして病に倒れ、26歳の若さで世を去った。
    ラトガース大学では、その死を惜しみ、卒業生名簿に太郎の名を加えるとともに、首席卒業生だけに贈られるファイベーターカッパー協会のゴールドキーを贈り、その生涯をたたえた。
ウィリアム・E・グリフィス

  • ウィリアム・E・グリフィス
  • 生没:1843年〜1928年
  • ラトガース大学2年生のとき英語を教えていたグラマースクールで、受講生であった太郎と出会った。グリフィスは、太郎の熱心な勉学態度を見て、日本人の節度、勤勉さに心を動かされた。そして志半ばで亡くなった太郎の友情に報いるため、福井を訪れ、かつて太郎が学んだ明道館で近代科学を教えることになった。この時、グリフィスが滞在したのが異人館(福井市中央3丁目)で、現在は石碑が立っている。
グリフィス記念館

  • 福井市グリフィス記念館
  • 福井藩がグリフィスの居宅として建てた後、明治6年に焼失した建物の外観を復元している。館内では、グリフィスの功績の他、同時代の福井市の歴史を紹介している。

日下部太郎・グリフィス像
【日下部太郎・グリフィス像】
所在地:福井市中央3丁目
日下部太郎とグリフィスの交流が縁で、福井市とニューブランズウィックが姉妹都市を提携して20年となったのを機に設置した。
※平成15年設置

異人館跡石碑
【異人館跡石碑】
所在地:福井市中央3丁目13-13
グリフィスが滞在した、福井では初めての洋館の跡。

堕涙碑
【堕涙碑】
所在地 :福井市中央3丁目5-4(福井市グリフィス記念館)
日下部太郎を惜しみ、2人の絆を語り継いでいくため、昭和51年、福井青年会議所が市立図書館横に建立。平成27年、福井市グリフィス記念館開館に伴い移転。

Copyright (C) 2007 (財)歴史のみえるまちづくり協会. All rights reserved.