狛屋敷跡
狛屋敷跡 石碑
【狛屋敷跡 石碑】
所在地:福井市順化1丁目10-20
ここは、福井藩の家老を勤めていた狛家の屋敷があった場所である。現在のフェニックス通りに面して、この辺りは禄高1万石以上の武家屋敷が並んでおり「大名広路」と呼ばれていた。現在も交差点やバス停に「大名町」の名称が使われるのは、この名残である。
狛家は当初は1万石を有する家であったが、江戸時代中期に北狛、南狛の2家に分れた。右に揚げた絵は、南狛屋敷付近の旧景であり、この敷地面積は3,740坪(12,342u)の広大なものであった。北は北狛家、南は酒井家と本多家、東は大名広路に面して門が設けられていた。
東側の間口は約70間(126m)であり、長大な長屋門が続いていた。
このような広大な屋敷が並んでいた江戸時代の景観は「大名広路」の名にふさわしく、全国的に見ても類例の少ないものであった。なお、「狛」の名は現在も自治会の名称に使われている。

狛屋敷跡地図
江戸時代の大名広路の景観
【江戸時代の大名広路の景観】
福井市立郷土歴史博物館蔵


Copyright (C) 2007 (財)歴史のみえるまちづくり協会. All rights reserved.