旧長者町
旧長者町石碑
【旧長者町 石碑】
所在地:福井市順化2丁目14-15
近世の城下町の町名であり、慶長年間に描かれた「北庄(きたのしょう)四ツ割図 」にも見え、城下町で最も古い町の一つである。
南には、柴田勝家による一乗谷からの引越しによってできたといわれる「一乗町」が在り、この界隈を中心に城下町が 成立していったことが窺われる。
四ツ割図では、長者町の1軒当たりの敷地が他の町に比して際立って大きく描かれている。 有力な町人の居住が推定され、これが町名の由来となったと考えられる。

Copyright (C) 2007 (財)歴史のみえるまちづくり協会. All rights reserved.