トップページへ 施設の概要 スケジュール 橘曙覧とは ミュージアムショップ 利用案内
 
 
橘曙覧年譜
1812   1歳
5月、福井城下の石場町に生まれる。
1813   2歳 母鶴子死亡。母の実家、府中(武生)の山本家に養われる。
1818   7歳  異母弟の宣が生まれる。
1826  15歳 父五郎右衛門死亡。
南条の妙泰寺で仏門に入ろうとするが、まもなく実家へ帰る。
1832  21歳  三国の酒井清兵衛の次女なをと結婚する。
1836  25歳 長女出生するが、間もなく死亡。
1837  26歳  次女出生するが、間もなく死亡。
1839  28歳 家を異母弟の宣に譲る。足羽山黄金舎に隠棲。
1841  30歳 三女健子出生。
1844  33歳  三女健子死亡。飛騨高山の田中大秀に国学を学ぶ。
1845  34歳 長男今滋出生。
1847  36歳 次男咲久(菊蔵)出生。 
足羽神社境内に継体天皇大世系石碑建立。
1848  37歳 黄金舎から三ツ橋に引越し藁屋と称する。
1850  39歳 三男早成出生。
1854  43歳  藁屋大火に類焼する。大病を経て、名を尚事から曙覧に改める。
1858  47歳 松平春嶽の命により、万葉集の秀歌36首を選び謹慎中の春嶽に贈る。
1860  49歳 勝山の堀名銀山を訪れる。
1861  50歳 伊勢神宮参拝をはじめ、大坂、京都を旅行する。京都では大田垣蓮月を訪ねる。
1864  53歳  伊勢神宮に参拝。
1865  54歳  松平春嶽が藁屋を訪れる。
1867  56歳 福井藩より扶持米10俵を受ける。
1868  57歳 8月28日死亡。
1878 長男の井手今滋により『橘曙覧遺稿 志濃夫廼舎歌集』が世に出る。
1899  正岡子規が曙覧の歌を高く評価する。
1994  ビル・クリントン米大統領が、天皇皇后両陛下ご訪米の歓迎スピーチで曙覧の歌を引用する。
 
*黄金舎隠棲の年齢については、25歳、28歳、35歳説などがある。
 
 
 
福井市内の橘曙覧ゆかりの地
 
 
 
 
福井県福井市足羽1-6-34
TEL 0776-35-1110
FAX 0776-33-3933
E-MAIL:akemi-t@mx2.fctv.ne.jp
 
Copyright(C) 2007 Fukui City Akemi Tachibana Literature Memorial Museum All rights Reserved.