トップページへ 施設の概要 スケジュール 橘曙覧とは ミュージアムショップ 利用案内
 
 
スケジュール
 

■ 休館日

 
平成29年
4月26日(水)~27日(木) 展示替えのため
6月5日(月)~10日(土)  展示替えのため

展覧会のご案内
■ 特別展 坂崎幸之助コレクション
      「和ガラスに抱かれて
~日用雑器としてのガラスのはじまり~(開催中)

   
   平成29年3月1日(水)~6月4日(日) 
      会期中休館日:4月26日(水)、27日(木) 展示替えのため



   
    優しく光を反射する、柔らかな風合いが魅力の「和ガラス」。
    このガラスが大衆に広まったのは西洋近代の製造技術が伝わった明治時代以降になります。
    コップや醤油差し、当時貴重品だったアイスクリームを盛りつけるカップなどのそれらは、
    現代のガラスと比べると、気泡が入っていたり、形にゆがみがあったりと、完成度に未熟な点が
    たくさんあります。
    ですが、そこが大きな魅力の一つ。
    素朴でノスタルジックなガラスの器はコレクターを魅了してやみません。
    このたび皆さんにご覧いただく和ガラスの持ち主は、人気ロックバンドTHE ALFEEの坂崎幸之助氏。
    長きにわたり自らの足で目で確かめ蒐集した膨大なコレクションは趣味の域を越え、
    20年以上前から全国の美術館、博物館で展示され人気を博しています。
    2017年、「坂崎幸之助 和ガラスコレクション」を福井で初公開することになりました。
    本展では、期間中一部展示替えを行い、前期後期とおして約400アイテム、
    総数4000点あまりの貴重な和ガラスコレクションを十分に堪能していただける内容となっています。
    坂崎氏が一大ブームを巻き起こしたと云われる紫外線で妖しく光るウランガラスもご覧いただけます。
    魅惑の坂崎幸之助 和ガラスコレクションを、どうぞお楽しみください。

    *会期中は様々な関連イベントも予定しております。
      なお詳細は随時HPにてお知らせします。

    会場:(第1会場)福井市愛宕坂茶道美術館(当館向い)
        (第2会場)福井市橘曙覧記念文学館         ※2館同時開催
    共通観覧料: 500円(中学生以下、70歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料)
    開館時間:午前9時~午後5時15分(入館は閉館の30分前まで)

    同時開催: 坂崎幸之助 手焼き写真展
            坂崎幸之助セレクション 「絵葉書に見る福井の古写真」展
           
    主催:(公財)歴史のみえるまちづくり協会・福井市
    後援:福井新聞社、FBC福井放送、福井テレビ、FM福井、福井ケーブルテレビ さかいケーブルテレビ
        えちぜん鉄道株式会社、福井鉄道株式会社
    協力:昭和美術印刷株式会社、セーレン株式会社

    お問合せ:福井市愛宕坂茶道美術館(〒918-8007福井市足羽1-8-5)
          TEL/FAX 0776-33-3933


    和ガラス   ←メイン会場の福井市愛宕坂茶道美術館HPが開きます。
                              くわしくはこちらをご覧ください。







■ 企画展「曙覧の書を楽しむ」(終了しました)

     平成28年12月8日(木)~平成29年2月22日(水)  
     
     
   
歌人、国学者として知られる橘曙覧(1812-68)は、流麗で大胆な書を残しています。
   その書は独自の書風を築いたといわれ、見飽きることのない魅力を持っています。
   今回の展示では、館蔵資料を通して曙覧の書の特徴や移り変りなどに注目します。
   読みにくい文字が多いため、文字のポイント解説も添えてご紹介します。
   一字一字見つめることで感じる曙覧の書の魅力をぜひ ご覧ください。

   

→企画展のチラシはこちら(PDFファイル524KBが開きます)






講座・イベントのご案内
           
講座の申込方法:往復ハガキで
①講座名、②住所、③氏名、④電話番号をお知らせください。
※史跡めぐりの場合は、保険加入のため⑤年齢を明記のこと。
※応募者多数の場合は抽選となります。ご了承ください。
※ハガキ1枚につき2名まで申込み可能。参加者全員のお名前をご記入ください。
※絵手紙講座、朗読会は電話受付(先着順)になります。

申込先:福井市橘曙覧記念文学館   
     〒918-8007 福井市足羽1丁目6‐34  TEL.0776-35-1110
《講座・イベントのご案内》

■ これからはじめる短歌
  
 日々の思いを短歌につづってみませんか。講座では短歌の鑑賞や実作指導を
   通して短歌の基礎を学びます。小さな疑問でも丁寧にお答えしながら進めてい
   きます。
   一緒に短歌、はじめてみませんか?


   と   き: 2017年6月25日(日)、7月29日(土)、8月26日(土) 
            全3回

         
各回13:30~15:30
   と こ ろ : 愛宕坂茶道美術館4階(当館向い側)
   講  師: 南部輝子氏
          (北陸アララギ会『柊』編集委員、新アララギ同人、
           日本歌人クラブ会員)      
   定  員: 20名
   対  象: これから短歌を始めたい人
   受講料 : 1,500円 ※3回分

   申込み : 往復はがきに上記の講座申込み方法の必要事項を記入して、
          館までお送りください。
          募集しめきりは
6月2日(金)必着です。 
          ※応募者多数の場合は抽選となります。ご了承ください。 



  


《おしらせ》
■ 「ふくミューパス」発売
    福井市内11施設の共通観覧券が4月1日に発売となりました。
   共通券で当館の常設展が無料となります。
   1日フリーが400円、3日間フリーが800円です。
   JR福井駅西口の福井市観光案内所または各施設にて販売しています。
   どうぞご利用ください。
  →くわしくはこちらをご覧ください(福井市ホームページ



■ 「たのしみは…とき」独楽吟ぼんぼり展
   地元有志のよびかけにより福井市の光陽中学校と明倫中学校の新2年生が
    制作し、桜の時期に足羽河原に設置されていた「独楽吟ぼんぼり」を
    館内に展示します。
    現代の中学生の日常がうかがえる作品の数々をどうぞお楽しみください。
    
    と き 光陽中学校 4月18日(火)~5月1日(月)
         明倫中学校 5月3日(水)~5月17日(水)
    ところ 当館1階ロビーおよび2階第2展示室内





〈終了したイベント〉
■ 愛宕坂桜音楽会 2017
  小山慶宗・小山清雄 津軽三味線ライブ
(終了しました)
  
津軽三味線の熱い演奏が行われました。
   と   き: 2017年4月8日(土) 15:30開場 16:30開演
   と こ ろ : 橘曙覧記念文学館 1階ロビー
   出  演: 小山慶宗(おやまよしむね)氏・小山清雄(おやませいゆう)氏
          (津軽三味線奏者)
   定  員: 60名(先着順) ※小学生以下の方は入場できません。
   チケット: 500円 当日15:30~会場で発売



■ 愛宕坂お花見落語会(終了しました)
   楽しみは~♪春の愛宕坂での落語会を開催しました。
   と  き: 2017年4月9日(日) 
   出  演: 昼の部14:00~15:00 中秋亭迷月、立山笑月
          夜の部17:00~18:00 瓢家萬月、葵亭真月
   と こ ろ: 橘曙覧記念文学館1階ロビー
   定  員: 昼・夜各60名(先着順) ※未就学児の方は入場できません。
   入場料 : 100円  中学生以下、70歳以上、障がい者手帳を
          お持ちの方は無料

■ 春の灯の回廊(終了しました)
   今年も館前の愛宕坂がやわらかな光の行灯でライトアップされました。
   日時:3月25日(土)~4月9日(日) 18:30~21:30
   主催:福井市文化振興課(0776-20-5367)
  




福井県福井市足羽1-6-34
TEL 0776-35-1110
FAX 0776-33-3933
Eメール akemi-t@do-spot.net
 
Copyright(C) 2007 Fukui City Akemi Tachibana Literature Memorial Museum All rights Reserved.