展覧会

企画展「青磁の美」※終了しました

青磁は、中国・商の時代(紀元前16~11世紀)に自然釉から生まれ、後漢時代(1~3世紀)に流行し、本格的な青磁へと発展を遂げました。
その人気は時代と共に高まり、器形や釉色にも様々な改良がなされ、多種多様な青磁の器が生まれます。
今回の展示では、館蔵品の中から、中国や日本の青磁13点をご紹介します。
あわせて季節に合った茶道具も展示しています。
【展示品】
・青磁鎬文鉢(清時代 14-15世紀)
・青磁鯉耳砧形花入(清時代 18世紀)
             他 全20点
 
2022年 8月24日(水)~11月27日(日)